中学受験勉強のすすめ、家庭教師の上手な利用法

中学受験を目指す子どもたちに最も一般的なのが、予備校に通うことです。予備校つまり集団塾というのは、他の子どもたちとの競争心が芽生える、一緒に頑張る仲間ができるという点で利点があります。
しかし授業についていけなくなると挫折してしまい、中学受験さえ嫌になってしまうという子どもも少なくありません。

親は子どもを塾に通わせているということだけで満足してはいけません。どんな勉強においても、一番大事なの予習復習なのです。
お子様は家庭できちんと予習復習していますか?小学生の子どもが、自主的に毎日予習復習するというのはとても難しいです。

周りを見て遊びたいという気持ちにだってなるでしょう。そんな時親は勉強しなさいと口で言うだけでなく、寄り添って一緒に勉強してあげてください。
隣に人がいてくれるだけで、勉強する体勢になるものです。

でも一緒に勉強するといっても、自分は中学受験の経験がないし教えられない。そんな時ぜひ活用したいのが家庭教師です。
わざわざ専門のプロ家庭教師を探す必要はありません。ある程度名の知れた大学に通う学生さんの中には中学受験を経験したことのある方がたくさんいます。

家庭教師の派遣サイトではそのようなアルバイトさんを探すことができます。年が近く実際に受験を経験している学生さんの方が、お子様も気軽にいろいろな相談ができ、勉強以外に精神的にも合格を目指すお子様にとってよい効果が生まれます。
塾だけで問題ない場合、家庭教師または個別指導の方がよい場合、塾と家庭教師または個別指導を半々で併用したほうがいい場合、子どもの性格や勉強の向き不向きによって、上手に使い分けてみましょう。